パート勤務

退職者は責められない。次のわたしかなって思うことがあります。
女性ばかりの職場ですから、結婚や出産などで一度は看護師を退職することも少なくありません。どんな職業にも言えることですが、子どもがいれば働くことというのは難しくなります。まず首都圏では保育園に入園することも待機児童問題などを見れば大変だというのがわかると思います。それから仕事と家庭との両立にも頭を悩ませる人もいると思います。特に看護師は夜勤があったり、仕事内容もとてもハードですので、その仕事を終えて家に戻り子どもの世話をするとなると体力が持つか、ということも懸念点としてあると思います。休みも不定期で土日に休みとは決まっていませんし、欠員が出れば出勤することもあります。そうした労働環境で家庭との両立をはかるには、家族の理解と協力がかなり必要となってきます。しかしそれも限度があるので、子どもがいる看護師は常勤ではなくパートで働くという選択をする人もいます。パート勤務であれば自分が入ることのできる曜日や時間帯を選ぶことが出来るし、土日休みや残業なし、という条件で働くことが出来ます。他にも、育児サポートの整っている病院に転職する看護師も多くいます。パートとして働くか、育児休暇をもらうか、そこは本人に合うほうを選んでもらえれば良いと思います。看護師の数は不足しているので、こうした条件でも引く手数多なのは間違いないです。一度リタイアしてしまうと常に進化を続ける医療についていくことや、技術的なブランクなどにより復帰が難しい職でもあるので、出来ればあまり感覚を開けずに仕事を続けることが、看護師の仕事を続けていく上で実は負担を軽減することになります。

Got Something To Say:

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

Copyright © 2016. Powered by WordPress & Romangie Theme.